​EASEの取り組み

EASE=撮影+プラットフォーム

EASEは撮影スタジオとして広いスペースを有しています。

これからは撮影に加えてイベントを数多く企画していきます。

それは色々な人や団体がリアルに出会うプラットフォームとして活用していきます。

6.jpg

ビジネスのEASEと地域住民(生活者)としてのEASE

ビジネスとしてのEASEの目的は「利益の追求」です。これは20世紀の企業が必死になって追求してきた重要な目的です。でも時代的な要求と私たちの内なる思考から生活者としてのEASEがあります。

これは地域社会にとってのEASEの価値のことです。

今、私たちの周辺では身近な地域コミュニティから世界規模の環境問題まで多種多様の問題が同居していますが根っこは繋がっているのではないでしょうか。

自己中心的ではなく他人(世の中)に関心を持つ事で少しづつ解決できると信じています。

難しくて距離のある事柄、無関心ゆえに点在している事柄をEASEのインフラでワープしてくっつけちゃいたいです。

EASEのプラットフォームで「難しい」を「楽しい」に変えることを目指します。